使い方次第で便利な銀行のカードローン

カードローンには消費者金融が発行しているタイプのものと銀行が発行している商品がありますが、基本的な申し込み方法や審査内容に関してはさほど大きな違いはありません。しかしながら、賃金業法に基づいた運営をしている消費者金融と銀行法に基づいた運営をしている銀行では、申込者にとっては、申し込みの際や審査上にとても大きな違いが存在します。消費者金融のカードローンは、総量規制という決まりがあるので、年収の1/3を超えた金額を融資できないという部分が大前提として存在します。従って、収入のない専業主婦や無職の人は申し込むことさえできませんし、例え収入があっても、他のカードローンやクレジットカードでのキャッシングの残高の合計が年収の1/3を超えてしまう借り入れは出来ない事になっています。一方、銀行のカードローンは総量規制の対象外になっているので、自身に収入のない専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があれば申込みが可能になっていますし、有職者に関しても年収の1/3 を超えた金額の借入も可能な事になっています。

もちろん、銀行のカードローンが専業主婦でも申込みができるとは言っても、全ての商品に対応をしているとは限りませんし、金融機関によっては、はじめから専業主婦向けのカードローンとして、比較的借入限度額を少なく設定している商品を用意している銀行も多数ありますし、仮に会社員などと同様のカードローンに申し込めるとしても限度額の設定は上限が定められているケースがあります。また、銀行のカードローンがいくら総量規制対象外だからといっても、他社からの借入件数や金額が多くなってくると審査に通る事は難しくなってきますし、過去に金融事故と呼ばれるような、ローンの延滞や滞納などの記録があると審査にかなり不利になります。これらの事からわかる事は、収入というものも審査の基準にはなりますが、何よりも決められた期日に決められた返済が行われている信頼や実績が審査上で有利になるといえます。